川崎殺傷事件概要 岩崎隆一の生い立ち、動機など いとこがカリタス小 「生まれかわるとしたら大金持ち」

ニュース
スポンサーリンク

2019年5月28日午前7時45分ごろ、神奈川県川崎市の登戸駅周辺で、刃物を持った岩崎隆一容疑者(51)が、カリタス小学校に通う小学生を含む19人を手当たり次第に刺し、ふたりが死亡、17人が重軽傷を追いました。岩崎隆一容疑者は自ら首を切って死亡しました。

スポンサーリンク

川崎殺傷事件概要

2019年5月28日に発生した川崎殺傷事件の概要がこちらです。

28日午前7時45分ごろ、川崎市多摩区の登戸駅近くで「路上で小学生が4人刺された」「通行人10人以上がけがをしている」「男が首を刺して倒れている」などと119番通報が相次ぎました。警察によりますと、刺されたのは近くにある私立カリタス小学校に通う女子児童16人と大人2人の合わせて18人です。小学6年の女の子と39歳の男性が死亡しましたが、首の刺し傷が致命傷とみられています。

出典:headlines.yahoo.co.jp

出典:headlines.yahoo.co.jp

川崎殺傷事件 現場はカリタス小学校のスクールバス乗り場

川崎市の登戸駅近くにある、私立カリタス小学校のスクールバスの停留所。そのバスを待つ小学生の列に、男性が刃物を持ち襲いかかりました。現場はこちらです。

出典:caritas.or.jp

川崎殺傷事件 容疑者は岩崎隆一 現場で自殺

川崎殺傷事件の容疑者は川崎市麻生区に住む岩崎隆一容疑者(51)です。岩崎隆一容疑者は小学生らを手当たり次第に刺した後、現場近くで自らも首を切って死亡しました。

近くで身柄を確保された50代の男は自分で首の辺りを切り、搬送先の病院で死亡が確認されました。凶器とみられる柳刃包丁のような長めの包丁2本も見つかっています。

出典:headlines.yahoo.co.jp

スクールバスのドライブレコーダーには、岩崎隆一容疑者が犯行に及ぶ様子が撮影されており、

  • 両手に刃物を持っていたこと
  • スクールバスを待つ小学生の列の背後から無言で凶行に及んだこと
  • 犯行は十数秒で終わったこと

が明らかになっています。現場近くで首を切った岩崎隆一容疑者の様子もドライブレコーダーには写り込んでいました。

出典:headlines.yahoo.co.jp

また新品の包丁を入手し、短時間に深い傷を負わせていることから、警察は岩崎隆一容疑者が計画的に犯行に及んだのではないかと見ています。

川崎市多摩区でスクールバスを待つ私立カリタス小の児童や保護者ら19人が刃物で殺傷された事件で、犯行後に自殺した岩崎隆一容疑者(51)が新品の包丁を入手し犯行に及んでいたことが29日、捜査関係者への取材で分かった。自宅から現場に直行し、短時間に多数の被害者の首など上半身を中心に深く刺しており、神奈川県警多摩署捜査本部は強い殺意で、計画的に大勢を殺傷しようとした疑いがあるとみて、刃物入手の経緯などを調べる。

出典:headlines.yahoo.co.jp

川崎殺傷事件 岩崎隆一 生い立ち

この事件は当初、容疑者の身元特定に時間がかかりました。その要因としては岩崎隆一容疑者が死亡していることもありますが、それだけでなく、岩崎隆一容疑者が10年近く引きこもっており、社会との接触をほとんど絶っていたという点も影響しています。

川崎市で児童らが襲撃された事件で、同市は29日、自殺した岩崎隆一容疑者(51)の親族から相談を受けていたと明らかにした。いずれも80代の伯父、伯母との3人暮らしだったが普段から接触がなく、手紙で意思確認する状態で、引きこもり傾向にあったという。

出典:headlines.yahoo.co.jp

岩崎隆一容疑者は事件当初、80代の伯父と伯母の3人暮らし。意思の疎通は「手紙」でした。こちらは岩崎隆一容疑者の自宅を捜索する警察の様子です。

川崎市は親族から相談を受けるものの、親族側が「岩崎隆一容疑者は人と接触しない生き方を選んでいる」と判断し、市への相談を終了させました。

親族は「(岩崎容疑者は)人と接触しない生活を選んでおり、しばらく様子をみたい」と受け止めたため、市はいったん相談対応を終えた。伯父と伯母は昨年6月から訪問看護を受けている。

出典:headlines.yahoo.co.jp

報道で岩崎隆一容疑者の写真が使用される場合、51歳であるにも関わらず中学時代の写真が使用されます。

これは現在の写真がないため、ということが想像されます。

川崎殺傷事件容疑者 岩崎隆一の複雑な家庭環境が動機に?

岩崎隆一容疑者は、自身の家庭環境が複雑であったことが判明しています。岩崎隆一容疑者の両親は幼い頃に離婚。その後伯父伯母夫婦に引き取られました。

岩崎容疑者は川崎市麻生区の自宅で80代のおじ、おばと3人暮らし。近所の住民によると「幼い頃に両親が離婚し、おじ、おば夫婦に引き取られた」という。おじ夫婦には、岩崎容疑者より年上の男女の子供がおり、子供の頃は3人がきょうだいのように暮らしたとみられる。

出典:headlines.yahoo.co.jp

岩崎隆一容疑者の小学校、中学校の同級生はこのようにコメントしています。

事件を起こしたとみられる51歳の男の小学校と中学校の同級生によりますと、男は子どものころ、怒りやすい性格だったということです。そのため校内で頻繁に暴れて教師から指導を受けていたほか、同級生からもからかわれていたということです。

また、別の小学校の同級生は、男が小学校時代に友人を鉛筆で刺したことがあると聞いたということです。

いずれの同級生も男が中学校を卒業したあとの進学や生活の状況は知らないとしたうえで、当時の様子を振り返って「男が事件に関わったと聞いても特に驚きはなかった」と話していました。

出典:www3.nhk.or.jp

出典:www3.nhk.or.jp

岩崎隆一容疑者が「事件に関わったと聞いても特に驚きはなかった」という同級生のコメント。小学生、中学生のころからかなり問題があったようです。それとともにこのような情報もあります。

別の近隣住民はスポニチ本紙の取材に「いとこ2人はカリタス小に通っていたと聞いた」と証言。一方、岩崎容疑者は地元の公立小を卒業。子供時代の複雑な家庭環境を背景に、岩崎容疑者が一方的で理不尽な恨みを抱き、カリタス小の児童らを襲った可能性が出てきた。

出典:headlines.yahoo.co.jp

両親が離婚後、引き取られた伯父伯母の子どもふたりはカリタス小学校に通っていたとのこと。そもそもカリタス小学校はこのような小学校です。

出典:caritas.or.jp

入学金に20万円、学費などで年間およそ70万円が必要となり、裕福な家庭の子どもが通う小学校ということが言えます。報道での「子供時代の複雑な家庭環境を背景に、岩崎容疑者が一方的で理不尽な恨みを抱き、カリタス小の児童らを襲った可能性が出てきた。」という情報は、「岩崎隆一容疑者」と対極的な境遇であった「カリタス小に通ういとこのふたり」という構図から生まれたものだと思われます。とはいえ、岩崎隆一容疑者はもう死亡しており、真相を究明するのはなかなか困難でしょう。先ほどの報道では小学生の卒業アルバムに記載されている岩崎隆一容疑者の「生まれかわるとしたら」という欄には「大金持ち」と記載されていたそうです。

出典:www3.nhk.or.jp

出典:www3.nhk.or.jp

川崎殺傷事件 SNSの反応は?

まとめ

岩崎隆一容疑者は、PCもスマホも持っておらず、家に引きこもり、世間との接触を絶っている上に、すでに死亡しています。残念ながら今回の事件は真相の究明が難しそうです。最後になりましたが、お亡くなりになったふたりのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

コメント