ジャングルジム火災でけんとくん焼死 学生ら書類送検へ 忘年会に非難殺到【東京デザインウィーク2016】

ニュース
スポンサーリンク

2016年の東京デザインウィークで発生したジャングルジム火災で5歳の男の子が死亡しました。その件に関して、2019年3月18日、ジャングルジムの展示を設置した当時の学生や指導教官、イベント運営会社の社長ら合わせて6人が書類送検される見通しとなりました。

スポンサーリンク

東京デザインウィーク ジャングルジム火災、原因は?

東京デザインウィーク(正式名称:TOKYO DESIGN WEEK)は国内外の様々な企業、ブランド、学生、大使館、デザイナー、ミュージシャンなどが展示やライブを行うイベントで、1986年から開催されています。主催はTOKYO DESIGN WEEK株式会社。

出典:tokyodesignweek.jp

2016年11月6日夕方5時ごろ、明治神宮外苑で開催されていた「TOKYO DESIGN WEEK 2016」の展示作品である木製のジャングルジム型アートが炎上し、中で遊んでいた佐伯健仁(けんと)(当時5歳)さんが焼死しました。

出典:hitomi.5ch.net

この火災は、ジャングルジム内で点灯した白熱電球の熱が木くずに発火したためと見られています。

出典:hayabusa9.5ch.net

ジャングルジム展示に関わった学生ら 書類送検へ

2019年3月18日、このジャングルジム型アート作品の展示に関わった学生ら6人が書類送検されるという報道が流れました。

3年前、東京の明治神宮外苑のイベント会場で展示されていたジャングルジムから火が出て5歳の男の子が死亡した火災で、警視庁は、展示物を設置した当時の学生や指導教官、それにイベントの運営会社の社長ら合わせて6人が安全管理を怠ったとして、18日にも業務上過失致死傷の疑いで書類送検する方針を固めました。

出典:www3.nhk.or.jp

出典:hitomi.5ch.net

ジャングルジム火災の生々しい動画

ネット上にはジャングルジム火災の生々しい動画がいまだにUPされています。

火災当時の騒然とした様子が生々しく撮影されています。

忘年会招待メールが流出し炎上

この火災があったのは2016年ですが、その年末に東京デザインウィークの関係者に忘年会の招待メールが送られました。この事実とメール文面が流出し、非難が殺到し、忘年会は中止となりました。

SNSの反応

まとめ

ネット上ではようやく書類送検か… との声も上がっています。安全対策が疎かであったがために幼い命が失われたこの火災。佐伯健仁さんのご冥福を改めてお祈り申し上げます。