八尋潤の顔画像、ツイッターやYouTubeアカウント、誓約書の内容などまとめ 長女の手足を縛り水風呂に放置

ニュース
スポンサーリンク

2019年3月14日、福岡県警は小学校2年生の長女(8)の両手両足を縛って水風呂に入れて殺害しようとしたとして、福岡県筑紫野市の母親(29)と内縁の夫・八尋潤容疑者(29)を殺人未遂の疑いで再逮捕し、発表しました。

スポンサーリンク

事件の概要

この事件の概要はこちらです。

小学2年生の長女(8)の両手両足を縛って水風呂に入れて殺害しようとしたとして、福岡県警は14日、同県筑紫野市の母親(29)と内縁の夫で自営業の八尋潤容疑者(29)殺人未遂の疑いで再逮捕し、発表した。2人は同様に長女を水風呂に入れてけがをさせたなどとして傷害容疑で逮捕されており、県警が日常的な虐待の有無を捜査していた。

出典:www.asahi.com

八尋潤 顔画像やTwitterアカウント、職業は?

八尋潤容疑者のプロフィールがこちらです。

出典:twitter.com

  • 八尋 潤(やひろ じゅん)
  • 住所:福岡県筑紫野市
  • 年齢:29歳
  • 職業:自営業(C&C DANCE STUDIO代表)
  • 容疑:殺人未遂

八尋潤容疑者は昨年8月から今回同じく逮捕された母親と長女と3人で暮らし始めました。報道によると職業は「自営業」となっていますが、こちらのTwitterアカウントから「C&C DANCE STUDIO」の代表を務めていることが判明しました。

出典:twitter.com

C&C DANCE STUDIOのTwitterアカウントはこちら。

出典:twitter.com

こちらの写真の「JUN先生」のコマが八尋潤容疑者が受け持つ授業です。

出典:twitter.com

八尋潤と母親が長女に「誓約書」を書かせていた

2019年3月15日の報道で、八尋潤容疑者と母親は長女に「誓約書」を書かせていたことが判明しました。その内容がこちらです。

せいやくしょ

うそをつかない
いわれたことをいちどできく
わがままをいわない
やくそくをわすれない
やることはじぶんでやる
おこられることはしない

これをまもります

※県警は10項目のうち6項目を公表

出典:headlines.yahoo.co.jp

八尋潤容疑者は「この誓約書の内容を破ると水風呂に入れていた」と供述しています。

自宅から長女が「うそをつかない」などと書いた誓約書が見つかり、八尋容疑者は「誓約を破ったら水風呂に入れていた」と説明。署は水風呂に入れる虐待を繰り返したとみている。

出典:headlines.yahoo.co.jp

出典:www.fnn.jp

また約束を破った数で入水時間が決まっていたようです。

福岡県筑紫野市で昨年12月、女児(8)の両手足を縛り水風呂に放置したとして殺人未遂の疑いで母親(29)と同居の男(29)が再逮捕された事件で、誓約書として女児が書かされていた10項目の約束事の破った数に応じ、入水時間が決められていたことが15日、捜査関係者への取材で分かった。数時間にも及ぶ時もあり、筑紫野署は詳しい経緯を調べている。

出典:headlines.yahoo.co.jp

出典:www.fnn.jp

八尋潤は虐待の様子をLINEで共有 口止めも

八尋潤容疑者と長女の母親は虐待の様子をLINEで共有したとみられます。

水風呂に入れる虐待は、長女が「うそをつかない」などの約束を破るたびに繰り返されていたとみられ、2人は虐待の様子を撮影し、無料通信アプリ「LINE」で共有していた。

出典:headlines.yahoo.co.jp

出典:headlines.yahoo.co.jp

また長女は虐待を受けていることを口止めされていました。

長女の母親は日常的に暴力

長女の母親は八尋潤容疑者と同棲を始める前から日常的に暴力を振るっていました

捜査関係者によりますと、去年夏ごろに2人が同棲を始める以前から、母親は日常的に長女を叩くなどし、あざになるほどの虐待を行っていたことが新たにわかりました。警察は水風呂に入れる虐待は、母親が八尋容疑者と同棲を始めて以降、あざといった痕跡を残さないよう行われていたとみて調べています。

出典:headlines.yahoo.co.jp

出典:headlines.yahoo.co.jp

八尋潤のYouTubeアカウント

八尋潤容疑者が代表を務めるC&C DANCE STUDIOのYouTubeアカウントがこちらです。

出典:jmty.jp

こちらの動画が報道で使用されていたようです。

SNSの反応

まとめ

8歳の娘に日常的に虐待を行なっていた八尋潤容疑者と母親ですが、しっかりと罪を償ってほしいですね。死に至らなかったことが不幸中の幸いです。