詐欺で逮捕の尾上武史は元俳優! マツコ会議にも出演 ツイッターアカウント、プロフィールなどまとめ

ニュース
スポンサーリンク

2019年2月25日、詐欺の疑いで尾上武史容疑者(22)が逮捕されました。尾上武史容疑者が犯した罪は、78歳の女性に息子を装い、うその電話をし現金460万円をだまし取るという、いわゆるオレオレ詐欺です。

2019年4月12日追記:尾上武史容疑者が65歳の女性からおよそ3300万円をだまし取ったとして、詐欺容疑で再逮捕されました。

スポンサーリンク

事件の概要

この事件の概要はこちらです。

詐欺の疑いで逮捕されたのは、港区の飲食店従業員・尾上武史容疑者(22)です。尾上容疑者は先月16日、千葉県船橋市に住む78歳の女性に息子を装い、「かばんを落とした、小切手が入っていた。渡さなければいけない相手がいる」とうその電話をかけ、現金460万円をだまし取った疑いが持たれています。

出典:headlines.yahoo.co.jp

出典:headlines.yahoo.co.jp

尾上武史容疑者は別の詐欺事件にも関わっており、そこから今回の容疑が発覚しました。身柄確保の瞬間がこちらです。



尾上武史プロフィール・SNSアカウント

尾上武史容疑者のプロフィールがこちらです。

  • 尾上武史(おのえ たけし)
  • 生年月日:1996年4月12日
  • 出身:和歌山県
  • 職業:飲食店 / 劇団員 / 俳優
  • 出身大学:大阪芸術大学

SNSアカウントがこちら(現在は削除されています)

SNSアカウントから尾上武史容疑者が劇団員であることが分かっています。こちらは関係者の話です。

逮捕時の号泣で注目を集める尾上容疑者だが、一部で大きな話題となっているのが「芸能活動」だ。本人のものとみられるツイッターアカウントには「俳優、オノエタケシ、FYB」と自己紹介。「伝説になりたい」とのメッセージも添えられている。

 一体、“逮捕時号泣”で注目を浴びた尾上容疑者はどのような芸能活動を送っていたのか。「決して売れっ子俳優というわけではありませんが、演劇界で話題の作品に出演している将来有望な役者のひとり。昨年は劇団鹿殺しの丸尾丸一郎が書いた自伝小説『さよなら鹿ハウス』の舞台化作品に出演し、NHK大河ドラマ『西郷どん』で西郷吉二郎役を演じた渡部豪太とも共演しています」(芸能関係者)

 人気バラエティ番組の出演経験もあった。

「尾上容疑者は大阪芸術大学放送学科声優コースに在籍していた当時、2016年3月放送の『マツコ会議』(日本テレビ系)に芸名『れっどどぅどぅ』としてVTR出演し、奇抜なファッションを披露していました。活動の拠点としていた大阪・アメリカ村ではちょっとした有名人だったようです。その後、徐々に役者として頭角を現していた尾上容疑者ですが、今回の事件により芸能人として世に出ることは極めて困難となりました」(前出の関係者)

出典:re-geinou.com

尾上武史はマツコ会議に出演していた

また尾上武史容疑者は、過去には「れっどどぅどぅ」という名前でマツコ会議にも出演しており、そのときの画像も残っています。

SNSの反応

まとめ

今回の事件で尾上武史容疑者の俳優活動はかなり難しくなったでしょう。ただまだ年齢も若いので、しっかりと反省して同じ過ちを繰り返さないようにしてほしいですね。

追記:元俳優尾上武史を詐欺容疑で再逮捕

2019年4月11日、尾上武史容疑者は65歳の女性からおよそ3300万円をだまし取ったとして詐欺容疑で再逮捕されました。

尾上容疑者は去年11月、東京・台東区にひとりで住む65歳の女性に、息子を装って「人の名前を借りて株を買ったのがバレてしまったので、返さないといけない」などとうその電話をかけ、現金3280万円をだまし取った疑いがもたれています。

 尾上容疑者は今年2月にも別の2件の詐欺事件で現金受け取り役として逮捕・起訴されていて、所持品の捜査から今回の事件への関与が浮上しました。

出典:news.nifty.com

尾上武史容疑者が逮捕されたのはこれで3回目ですが、「警察には協力しません」と黙秘しているそうです。早く真相を明らかにしてほしいですね…