札幌ガス爆発 原因の消臭スプレー「ヘヤシュ」販売会社の取締役とアパマンショップ取締役は同一人物!

ニュース
スポンサーリンク

2018年12月16日夜、札幌市内で爆発事故がありました。営業中の居酒屋「海さくら」が燃えるなどし、42人が怪我。病院に運ばれました。

スポンサーリンク

事故の概要

この事故の概要はこちら。

日本北部の北海道札幌市豊平区で16日夜、爆発があり、建物が全焼した。建物には居酒屋や不動産会社などが入っていた。

警察はこの爆発で42人がけがをしたと発表した。うち1人が重傷という。

出典:headlines.yahoo.co.jp

出典:headlines.yahoo.co.jp

爆発の直前に、隣接した店舗である「アパマンショップ」の店内で、スプレー缶120本のガス抜きをしており、そのガスに湯沸かし器の火が引火したことが爆発の原因とされています。アパマンショップの会見によるとこちら。

スプレーは消臭・除菌効果があり、不動産賃貸業者向けに販売されている。1回で使い切るタイプで、使用すると200ミリリットルの中身が約4分間噴射される。スプレーには可燃性ガスのジメチルエーテルが含まれている。店長は午後8時過ぎ、店内の机の上にスプレー約120本を並べ、一気に噴出させたと証言。外で待機後、店内に戻り、湯沸かし器で手を洗おうとした途端に爆発したという。缶には可燃性を示す説明が書かれていた。

出典:headlines.yahoo.co.jp

出典:headlines.yahoo.co.jp

ガス抜きしていたスプレーは「ヘヤシュ」

アパマンショップでガス抜きをしていたのは、消臭スプレー「ヘヤシュ」です。

出典:heyash.jp

これはアパマンショップで新規入居が決まったときに、部屋の除菌や消臭をするための業務用スプレーで、原価は約1,000円。アパマンショップでは「消臭抗菌代」という名目で、20,000円前後の料金を請求していますが、その実態はこのスプレーを使用しているだけとのことです。

佐藤社長によると、スプレーは、入居直前に部屋の消臭などのために使う。入居予定者に希望を尋ねたうえで、施工代金も含めて1本1万~2万円で販売。ボタンを押すと噴射が続き、3~4分で全量が出る。原価は約1千円という。

出典:headlines.yahoo.co.jp

出典:twitter.com

出典:netacheck.com

1,000円のスプレーを使って、作業料金が20,000円前後… ネット上では「詐欺」や「ぼったくり」の声が上がっています。

「ヘヤシュの使用本数が多いと表彰される」や、「消臭抗菌代を取るだけ取って、実際はヘヤシュを使用していない場合もある」という内部告発的な噂も流れており、今回120本ものスプレーを廃棄処理していたのは、料金を取ったのにスプレーを使用していなかった事実を隠蔽するためとの話もあります。

 一方、佐藤氏は店長が、顧客複数から料金を受け取りながら、入居時の消臭工事をしていなかったと話していることも明らかにした。契約通り工事をせず、使用実績を偽るため、未使用缶を大量廃棄した可能性もあり、北海道内全13店を実態調査する方針を示した。

出典:headlines.yahoo.co.jp

入居者から消臭代を受け取っていながらスプレーを使わなかったもので、佐藤社長は「全部が全部そう(未施工)ではないと思っていますが、件数を精査したい」と話した。

出典:headlines.yahoo.co.jp

関係者によると、同店は月約30本のスプレーを仕入れており、佐藤氏は「(消臭工事数が)増えるほど店舗の売り上げにつながることは間違いない」と話した。

出典:headlines.yahoo.co.jp

アパマンショップ とスプレー販売会社の取締役が同一人物

ただでさえ詐欺、ぼったくりとの声が上がっている「消臭抗菌という名のヘヤシュ使用」ですが、アパマンショップの取締役と「ヘヤシュ」販売会社の取締役が同一人物であることが発覚しました。

出典:www.apamanshop-hd.co.jp

出典:enews.eshizuoka.jp

簡単に言うと「ヘヤシュ」を使えば使うほど、取締役が儲かる仕組みになっているとも言えますね…

出典:www.google.com

まとめ

今回の事故で明るみになったアパマンショップの闇ですが、真相究明にはもう少し時間がかかりそうですね。

コメント