沢田研二がコンサートを中止した理由がこちら!見た目がカーネルおじさんすぎるとネットで話題に

歌手・バンド
スポンサーリンク

ジュリーの愛称で知られる歌手の沢田研二さんが10月17日の「さいたまスーパーアリーナ公演」を中止にした理由について本日18日取材に応じ、その原因が明らかとなりました。

スポンサーリンク

沢田研二がコンサートを中止した理由

17日のスーパーアリーナ公演を中止にした際

契約上の問題が発生した為、中止とさせていただきます。ご来場いただきましたお客様におきましてはご迷惑をお掛けいたしまして、大変申し訳ございませんでした

このように張り紙が出されており、突然の発表にファンは戸惑いを隠せない様子で、脱原発の署名活動や体調の問題など色々な憶測がネットやテレビで論じられる事態になりました。

しかし、本日の取材で「動員に関する契約上の問題だった」と説明し、その理由が明らかとなりました。

さいたまスーパーアリーナは客席を可動する事ができ、1万人から3万7000人まで収容できるキャパがあります。

当初の集客状況は9000人と聞いていたところ、実際に来場するのは7000人である事が発覚し「客席がスカスカの状態でやるのは酷なこと。『ライブをやるならいっぱいにしてくれ、無理なら断ってくれ』といつも言ってる。僕にも意地がある」と中止を決めたそうです。

払い戻しや振り替え公演は?

開催時間までイベンターが説得のため土下座までするも沢田さんは決して首を縦には振らず、中止に至ってしまったという事なので、台風で公演が中止になったというレベルではなく完全に非は開催者側にあります。

しかし、現在は払戻し方法については決定しておらず、公式サイトでは「決定次第速やかにご案内させていただきます」と記載されています。

今回の取材の中で17日の講演は振り替え公演を実施する方向で検討しているとのことですが、有休を使って休みをとった人などは残念な結果になってしまいますよね…。

今後、対応が決まり次第追記でお知らせしたいと思います。

SNSの反応

沢田研二がカーネルおじさんにしか見えないとネットで話題

こちらが今回、インタビューに応じた沢田研二さんなのですが、「どうみてもカーネルおじさん」とネットで話題になっています。

確かに服装から白髪の髪型、手の位置までかなりカーネルサンダースの人形にそっくり…。

昨年デビュー50周年ツアーを開始された時は舞台で僧侶の役を務めていたため、短髪の姿を披露しファンを驚かせました。

最近は見る度に姿が変わると当時のファンが嘆く姿、それを見て楽しむ姿など色々な反応があるようです。

また、昔からのファンは「一番悔しいのはジュリーだと思う。ジュリーが体調を崩していなくてよかった」と擁護する姿勢など見られますが、当日は係員に詰め寄るファンも多かったといいます。

沢田研二さんは2004年の水戸公演でも客入りが少ないとライブを中止にした経験がありますが、10年以上経った現在でも暖かく擁護するファンの存在がいるというのは凄いですよね。

中にはこのような意見もあり、もしかしたらイベンターとの契約のしがらみもあった可能性もあります。

まだ払戻しの情報などは出ていませんが、チケットを買って足を運んだ人へ真摯な対応をこころがけてほしいですね。

コメント