樋田淳也が逮捕された場所は山口県のどこ?生い立ちや家族の情報、逃走した理由、動機は?

ニュース
スポンサーリンク

大阪府警富田林署から脱獄し、逃走を続けていた樋田淳也容疑者が逮捕されました。8月12日からおよそ1ヵ月半もの間、世間を騒がせ続けた樋田淳也容疑者ですが、その生い立ちや家族の事情はどのようなものだったのでしょうか、また、山口県のどこで確保されたかについても調べてみました。

スポンサーリンク

樋田淳也の逃走事件おさらい

8月12日午後、大阪府警富田林署の留置場に勾留されていた樋田淳也容疑者が、弁護士との面会後、隔離用のアクリル板を蹴破り逃走しました。

大阪府警は「加重逃走容疑」で顔写真を公開し指名手配に。

懸賞金もかけられると共に200人体制での捜査が始まりました。

9月には捜査規模が大幅に拡大され、3000人もの捜査員が動員されたといいます。

4万人以上が捜査にあたったにも関わらず、依然として樋田容疑者の足取りは掴めず。

バイクなどの窃盗、ひったくりの情報からそれが樋田容疑者だと思われるものの、決定的な居場所へ繋がる情報はなく、気付けば脱走から1ヵ月半もの時間が流れました。

そんな樋田容疑者ですが、今まで足取りが掴めなかったのが嘘かのように急に身柄が拘束されます。

山口県の道の駅で食料を万引きしようとしたところ、身柄を抑えられ、駆け付けた警察官に現行犯逮捕されたということです。

樋田容疑者には同行者がいましたが、事件に直接の関係はなく自転車で日本一周をしている折に樋田容疑者と知り合い、その後、樋田容疑者が勝手に男性について行ったことで、同行する運びとなったようです。

樋田淳也が身柄確保されたのは「ソレーネ周南」

樋田淳也容疑者が確保されたのは山口県周南市戸田2713にある道の駅「ソレーネ周南です。

出典:www.solene.jp

ソレーネというのは山口県の方言で「そうだね」を意味する言葉で、福祉型の事業活動が評価されたことで、2014年ヤマト運輸と「地域活性化包括連携協定」を結びました。

このような協定が結ばれるのは道の駅としてソレーネ周南が初めてのことだったそうです。

脱走した大阪府警富田林署の留置場からは約400kmもの距離があり、非常に長い距離を逃走していた事がわかります。

山口県周防大島町の道の駅にも滞在していた偽名は「櫻井潤弥」

出典:mainichi.jp

報道によると山口県周防大島町の道の駅「サザンセトうちわ」に1週間ほど滞在していたとのことです。

大阪府警富田林署から逃げた樋田淳也(ひだ・じゅんや)容疑者(30)=加重逃走容疑で再逮捕=が、山口県周防大島町の道の駅「サザンセトとうわ」に約1週間滞在していた。道の駅の支配人の記念撮影にも素顔をさらして気軽に応じ、「必ず日本一周を達成します」などと記した置き手紙も偽名で残していた。府警は、自転車旅行者であることを大胆に装うことで、逃走の発覚を免れようとしていたとみて調べている。

出典:mainichi.jp

3ヶ月前に和歌山を出発し自転車で日本一周中だと語り、記念撮影も気軽に応じたそうですが、残した置手紙は偽名が使われていたそうです。

櫻井潤弥」という偽名を使っており、ネットではこれがジャニーズのアイドルグループ「嵐」の櫻井翔さん、松本潤さんの二人の名前を合わせたものではないかと考察されています。

樋田淳也の生い立ちは?

  • 名前:樋田淳也(ひだじゅんや)
  • 生年月日:1987年12月29日(昭和62年)
  • 年齢:30歳(2018年10月時点)
  • 出身地:大阪府松原市
  • 身長:163cm
  • 職業:無色

実家は脱走した大阪府富田林警察署からほど近い松原市にあります。

実は樋田淳也容疑者は大地主の家系で、地域ではかなり有名だったといいます。

小さい頃から金銭的に不自由することがなかった樋田容疑者ですが、小学生の頃はボーイスカウト、バスケットボールなどを続け、卒業文集には将来の夢は自衛隊と書いており、調子乗りでよくふざけていたといわれていますが、小学校、中学校時代はごく普通の子供であったと思われます。

高校の頃になると盗み癖が見え隠れするようになり、近所の住民によると柄の悪そうな友人たちと一緒にいて、改造車で爆音を響かせていたりと近所でも有名な人物へと変わっていきました。

小中学校の同級生によると工業高校の1年のときに自動車泥棒で捕まり少年院に入ったと噂が流れていたらしく、高校はもしかしたら中退だったのかもしれませんね。

その後は松原市内の不良が集まる窃盗団に所属し、盗んだ家電やバイクを売りさばいて生活をしていたとのこと。

ふくらはぎのタトゥーはいつ彫ったのかはわかりませんが、

打ち出の小づちを持ったウサギが米俵に足をかけているような図柄が彫られています。

樋田淳也容疑者は母親、妹、祖母との4人暮らしだったそうです。

父親は10年前に他界していて、生前は公務員だったとのこと。

樋田淳也の刑務所内での様子について

同じ刑務所に服役していた方によると樋田容疑者は読書をよくしていて、漫画、サスペンス小説を読んでいたそうです。

「成功して大阪のタワーマンションに住みたい」

クラブやカフェ経営が夢だと語っていて、周囲にそのように話していたようです。

しかし、その一方で他の受刑者から食事を奪われるなどのいじめを受けていたこともあるそうです。

逮捕されたので、詳しい逃走の動機もこれから明らかになると思いますが、もしかしたらそのような環境も原因の一つだったのかもしれませんね。

今回、ようやく逮捕に至った樋田淳也容疑者ですが、その逃走経路や逃走中の行動については未だ多くのことが判明していません。

これから徐々に明らかにされていくと思いますが、とりあえず一安心ですね。

コメント