東仙台交番「清野裕彰巡査長」殺人事件の犯人、相澤悠太(あいざわゆうた)の顔画像は?犯行動機、事件の概要について

ニュース
スポンサーリンク

19日の午前4時、仙台市の交番で警察官が男に刃物で刺され命を落とす事件が発生しました。

スポンサーリンク

仙台市宮城野区東仙台の交番で警官が刺殺される

事件が起きたのは2018年9月19日午前4時頃。

仙台市宮城野区東仙台の交番で清野裕彰巡査長が男に刃物で刺され、搬送先の病院で死亡しました。

交番にいた別の警官が男に拳銃を3発発砲し、犯人も死亡しました。

発砲した巡査部長は怒鳴り合う声が聞こえて見に行くと清野巡査長が血まみれで倒れているのを発見。

その時、犯人と思われる男も一緒に倒れていたそうですが起き上がると巡査部長に向かってきたといいます。

警告に対し男が聞き入れる様子がなかったため、巡査部長は発砲する運びとなりました。

事件が起こった現場

報じられた内容によると事件現場は宮城県仙台市宮城野区の宮城県警仙台東署の東仙台交番とのこと。

事件は「宮城県仙台市宮城野区東仙台2丁目18−36」で起こったようです。


地図を見ると付近には中学校がある事がわかります。

また、地元の方によると現場付近は住宅街だったようで、射殺されていなければもっと大きな事件になったのではないかと地元住民の声もあがっています。

犯人は21歳の大学生「相澤悠太(あいざわゆうた)」顔画像、大学、動機は?

宮城県警は本日午後、犯人の男の身元を発表しました。

出典:twitter.com

犯人の男は仙台市宮城野区新田2丁目に住む大学生「相澤悠太(あいざわゆうた)」容疑者で年齢は21歳とのこと。

通っていた大学は東北学院大学

その他、SNSについては同姓同名のアカウントがあり、本人のアカウントは特定されていません。

また、家族についても現在では有力な情報はなく、わかり次第追記したいと思います。

大学の同級生によると「授業にもまじめに出席していて試験の際には、同級生にも授業のポイントを教えてくれるなど、優しく穏やかな性格が印象的だった」とのことで、相澤容疑者を知る人物は信じられないという印象を強く持っているようです。

動機については遺恨なども噂されていましたが、清野裕彰巡査長と相澤悠太容疑者に接点はなかったため、最初から清野巡査長を狙った犯行ではなかったようです。

既に死亡しているので本当の動機を知ることはできませんが、凶器として30cmほどの刃物が使われているため、普段から持ち歩くものではなく明確に殺意を持って交番に向かったものと思われます。

また、マシンガン(モデルガン)も所持していたということです。

ネットなどでは交番を襲撃した元自衛官、島津慧大容疑者の模倣犯だったのではないかと噂されています。

清野裕彰(せいのひろあき)巡査長の顔画像、家族構成は?

名前:清野裕彰(せいのひろあき)

年齢:33歳

職業:警察官(巡査長)

今回の事件で命を落とした清野裕彰巡査長は非常に明るく雰囲気も良く、周囲の評判も良好な人柄だったといいます。

清野裕彰巡査長は2013年10月に県警に入り、昨年の4月から仙台東署に勤務。

出身校は東北学院高校といわれており、野球部で副キャプテンを務めていたそうです。

東北学院高校の野球部監督によると「おおらかで優しいけど正義感が強く、言わなきゃいけないことはきちんと言える性格だった」と清野裕彰巡査長について語っていて、当時の学年主任は「誰にでも優しく、友達が多く、仲間の輪の中心にいた。勉強も部活も一生懸命だった」とコメントしています。

以前から責任感、正義感が強く、そのような人柄もあり警察官を目指したのかもしれません。

今回の殉職により清野巡査長は二階級特進し警部補となりました。

嫁や子供についての情報は未だ報じられていません。

最近は交番への襲撃事件が増えており、清野警部補は頻発する襲撃事件に巻き込まれる形となりました。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

コメント