スーパーナンペイ事件の真相… 犯人は? 事件のあった場所や残された指紋など情報まとめ

ニュース
スポンサーリンク

1995年7月30日、東京都八王子市にあるスーパーマーケット・スーパーナンペイで、閉店後に女性スタッフ3人が殺害される事件が起こりました。この事件は懸命な捜査が続けられているにも関わらず、現在も犯人は逮捕されておらず、未解決事件となっています。情報をまとめました。

スーパーナンペイ事件の概要はこちらです。

1995年7月30日午後9時15分から17分頃、八王子市大和田町のスーパー「ナンペイ大和田店」の2階事務所で拳銃を持った何者かに女性従業員3人が射殺された。

被害者はパートの47歳女性A、アルバイトの17歳の女子高生Bと16歳の女子高生Cの3人(年齢はいずれも事件当時)で、犯行時間は数分間(被害者Aの知人が、迎えに来るまでの間)。犯人は何も奪わずに逃走している。金庫を開けようとした形跡はなく、その他の貴金属類にも手をつけておらず、金銭目当てではない可能性もある。

女子高生2人は粘着テープで口を塞がれた上で互いの右手と左手を縛られており、至近距離から後頭部に1発ずつ発砲され、即死の状態であった。また、パートの女性は体を縛られていなかったが、銃把で殴りつけられたのちに金庫の前に突き飛ばされたものとみられており、女子高生の殺害後に左右の額に銃口を押し付けられて殺害された。また、使用された拳銃はフィリピン製のスカイヤーズビンガムとされる。

出典:ja.wikipedia.org

この事件は無抵抗の3人の女性を拳銃で殺害するという残忍なものでした… この事件で亡くなったのは、稲垣則子さん(当時47歳)、前田寛美さん(当時16歳)、矢吹恵さん(当時17歳)です。

出典:endia.net

スーパーナンペイは事件後「ひまわり」と改名。しかし1998年には閉店してしまいます。スーパーナンペイはこの場所にありました。

犯人に関わるさまざまな情報

犯人に関して、メディアやネットでさまざまな情報が飛び交っています。

強盗か怨恨か

今回の犯人の動機が強盗なのか、怨恨なのか、そもそもはっきりしていません。

犯行の目的が強盗目的なのか、恨みによる犯行なのか、いまだにどちらとも絞りきれていない。強盗であればなぜ金庫内の多額の現金を奪わなかったのか、大勢で押し入れば金庫ごと運び出すことも不可能ではなかったかもしれない。恨みであればなぜ無抵抗の女性3人を躊躇なく殺害したのだろうか。

出典:www.houdoukyoku.jp

また当時の取材メモがネット上で発見され、事件直後はこのような状態であったとされています。

出典:abematimes.com

出典:abematimes.com

犯行に使用された拳銃が、そもそも慣れていないと扱いにくい機種で、なおかつ少ない銃弾で確実に致命傷を負わせていることから、いわゆる“プロの仕業”ではないかと言われています。こちらが犯行に使われたものと同型のフィリピン製スカイヤーズビンガム。

稲垣則子さんだけ殺害方法が違う

当時の捜査資料から事件を考察すると、稲垣則子さんだけ、他の2人の女性とは違う方法で殺害されたことが分かっています。

詳細に解剖所見を見ると、17歳女性を襲った弾丸を追うと、こめかみから撃たれて頭蓋骨を貫通していたというのが解剖所見だという。また、16歳女性を襲った弾丸はというと頭蓋骨を粉砕した後も体内を通って腰付近で止まっていたという。この女子高生二人が倒れていた周辺は文字通りの血の海のような凄惨な現場であったという。

一方、47歳女性の方は額に左右、一発づつ撃たれていたが、額には銃口を当てて撃った際に出来る焼け焦げが残っていたという。その「焼け焦げ」があった事から、犯人は47歳女性の額に拳銃の銃口を当てて左に1発、右に1発、合計2発撃たれていたという解剖所見になるのだそうな。また47歳女性は額の中央には殴られた痕跡があり、背中にも打撲傷が確認されたという。47歳女性の遺体状況からすると犯人は銃口を女性の額にあてがって、非情にも2発の弾丸を撃ち込こんだというのが真相のようで、まるで処刑されたかのような、おぞましい殺害状況が浮かび上がってきてしまう。

出典:blog.livedoor.jp

出典:www.sankei.com

稲垣則子さんを知る人の話では、稲垣さんは当時はスーパーの従業員でしたが、かつては高級クラブのホステスとして務めていたとのこと。

30歳前後で水商売に転身。そのまま八王子市内の高級クラブで「ナンバー2」となり、そのまま八王子市の繁華街に「わかお」というスナックをオープンさせていた人物であり、水商売における成功譚を持つ人物でもある。率直に云うと、かなり派手な素行を持つ人物であったという。

出典:blog.livedoor.jp

このことから当時もこの稲垣さん絡みの人間関係(=怨恨)が事件の鍵を握っているのではないかとの報道もありました。

犯人に繋がる重要な手がかりが!?

手がかりもあまりなく捜査が行き詰まる中、2015年2月に新たな手がかりが見つかりました。女性を拘束し、口を塞ぐために使われていた粘着テープから犯人のものと思われる指紋を採取することができたのです。当時のニュース記事がこちらです。

捜査関係者によると、指紋はテープの粘着面から検出されていて、捜査本部が過去に犯罪歴がある人物1千万人以上分が登録された指紋データベースに照会。最近になって、多摩地域に居住し約10年前に60代で病死した男性と指紋の特徴が似ていることが判明したという。男性の関与の可能性が浮上したのは、今回の照会が初めて。

出典:www.sankei.com

出典:gigazine.net

とはいえ、この指紋は不完全で部分的にしか残っておらず、証拠としては不十分との判断がなされており、さらにこの男性と事件の接点がないため、実行犯である可能性は低いとの声もあります。

指紋による個人特定は、浮き出ている線状の隆起「隆線」などの特徴点12カ所が一致することが必要とされる。今回の指紋は不完全で部分的にしか残っておらず、8カ所のみの一致で捜査本部は「証拠としては不十分」としている。現時点で、男性の周辺から事件との接点は浮上していないとみられる。

出典:www.sankei.com

まとめ

未だ犯人の特定に至っていないこの凶悪事件ですが、一刻も早い解決が望まれます。亡くなった3人の女性のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

追記:犯人のスニーカー? 警視庁がレプリカを公開! 女性の吸い殻も…

2018年7月17日、警視庁は犯人が履いていたと思われるスニーカーの3D画像をHPで公開しました。

捜査1課によると、現場に残されていた犯人のものとみられる足跡から絞り込んだ。サイズは26センチで、1種類は1990~91年に東京、神奈川、埼玉の丸井を中心に7色計439足(1足7800円)が販売されていた。もう1種類は、93~94年に全国の丸井やパルコを中心に、黒と白の計94足(同1万2千円)が販売されていたという。

出典:www.asahi.com

また現場となった事務所のシンク脇に、吸い殻11本が残された灰皿が置かれていたことも公表しました。

現場事務所のシンク脇にあった灰皿に、たばこの吸い殻11本が残されていたことも新たに公表した。一部には口紅がついており、従業員や出入り業者のものとは一致しない女性のDNA型が検出されたという。この女性についても心当たりがないか、情報提供を呼びかけている。

出典:www.asahi.com

これらの新しい情報が事件の真相究明に繋がることを願います。