大阪北部地震で猫が迷子?逃げた猫の情報がSNSで多数!探し出す方法は?猫のPTSDも心配?

ニュース
スポンサーリンク

大地震によって迷子になってしまった犬や猫が多いようです。中でも飼い猫が室内から外に出てってしまいSNSなどでは捜索を願う飼い主が相次いでいます。この記事では猫の脱走状況や戻ってきてもらうための方法、また大地震を受けて猫もPTSDになるのかなどまとめています。

スポンサーリンク

大阪北部地震で猫が脱走続出しています。

http://www.yomiuri.co.jp/matome/20180618-OYT8T50002.html

大阪府北部を震源とする大きな地震が18日午前7時58分頃ありました。

大阪府北部は震度6弱、京都府南部は震度5強、滋賀県南部、兵庫県南東部、奈良県で震度5弱を観測しました。

またこの地震で4人の死亡が確認されるなど、地震の被害が各所で出ている模様です。

そんな中、地震の影響で飼い猫の脱走が相次いでいるという情報が多数SNSなどであがっています。

どこから逃げたの?

出典:netgeek.biz

網戸がずれたり、網戸を突き破って逃げたり、ベランダから逃げたりして行方不明になってしまっているようです。

迷子の猫情報

ツイッターやインスタグラムなどのSNSでは飼い猫が地震で脱走してしまった!との遭難情報が相次いでいます。 

自分のことだけでさえも地震で不安いっぱいの中、愛猫がいなくなってしまった方は気が気じゃないですね。一日も早く飼い主の元に帰ってきてくれることを願うばかりです。 

脱走以外の猫のパニック行動

脱走で行方不明になっている猫はもちろん心配でたまらないのですが、

いつもと違う行動をしている猫も多数のようです!

パニックを起こしているかのような行動に飼い主の心配の声が相次いでいます。

猫のPTSDは?

大地震のような恐怖体験をしてしまったら心に後遺症を持ってしまう人がいると聞いたことがありますが、

猫などのペットもPTSDになることがある!と話題になっていますが、実際にはどうなのでしょうか??

地震によって脱走や普段と違った行動をしている猫とPTSDは関連性があるのでしょうか??

そもそもPTSDとは?

PTSDは、突然の不幸な出来事によって命の安全が脅かされたり、天災、事故、犯罪、虐待などによって強い精神的衝撃を受けることが原因で、心身に支障をきたし、社会生活にも影響を及ぼす様々なストレス障害を引き起こす精神的な後遺症、疾患のことです。

出典:sugiura-kokoro.com

悲しい話ですが、ペットで一番多いPTSDの原因は飼い主などによる虐待が原因と言われています。

確かに、虐待などを受けた犬や猫を保護し次の飼い主に慣れさせていく過程をテレビで観たことがありますが、小刻みに震えていたり、

ご飯を食べようとしなかったり、トイレが出来なかったり、そもそも人間に近づかなかったり、逆に攻撃的になっているペットがいます。

地震では3.11の際に緊急地震速報が鳴る度、敏感になってしまった犬もいるようです。

こんな症状は要チェック!

新潟県中越地震被災地のペットにも、「余震におびえる」 「食欲がなくなる」など、PTSDに似たストレス症状が表れています。

猫では 「家に帰らない」「狭い場所から出てこない」、犬では「余震の度にほえる」「ヘリコプターにおびえて震えが止まらない」、などが報告されています。

食欲減退のほか、下痢やおう吐などの消化器症状、体を舐めまくったり脱毛などの皮膚症状も出ているようです。

出典:www.koenji-ac.com

大阪北部地震で体調不良になっている猫もいます。

うちのペットが普段と何か違う場合、飼い主がまず落ち着いて接すること。

そして焦らず少しずつ愛情を与えることが一番の薬のようです。

ペットは話すことが出来ないのでサインを見逃さずに、ゲージなど落ち着ける環境を作ってあげることも大事ですね。

PTSDかもしれない!と思っても、少し様子を見ていると戻る子もいるようなので慌てないで下さい。

それでも心配の場合は獣医さんにかかることも必要かもしれませんね。

猫に帰ってきてもらう方法とは?

軒下の奥の方や排水口、物置の中など自宅周辺にいることが多く、

意外と近くに隠れている事が多いそうです。

普段食べているエサを玄関先などに置いたり、愛用のトイレを自宅近くに置くのが効果的のようです。

いつもと違う様子で名前を呼ぶと、猫も更にびっくりしてしまいますので、

落ち着いた声で呼びかけるなど、普段どおりを装ってみると良いそうです。

室内と外を行き来していた猫なら戻ってくる確率は高く、

室内猫だと、自力で戻ってくるのが若干難しいようなのですが、

そういった猫は家の近くにいる可能性が高いので近所を探すのがまずは大事だということです。

家に帰ってきてくれた猫の情報も徐々に出てきています!

まとめ

大地震が起こってしまい、パニックを起こしてしまうのは人間だけでは無いのですね。

動物の潜在能力に関心すると共に、行方不明になってしまっている猫は今元気でどこにいるんだろうか、と飼い主の皆さんは気が気では無いお気持ちをお察しいたします。

SNSのチカラが猫ちゃん達に届き、一日も早く飼い主のもとに帰ってきてくれるように願うばかりです。

そしてペットを飼っている皆さんも我が身に置き換えて心配になってしまいますね。

また、まだまだ余震が続いているようですが、二次災害に注意して身の安全を是非ともお気をつけください!!!